コロナの時代を生き抜こう6

スマホアプリ    COCOA

厚生労働省が運用しているもので

過去14日間に接触した人が新型コロナの陽性と診断された場合自分のスマホにも注意を促す通知が届く機能

利用者同士が一メートル以内に15分以上いたばあいを濃厚接触とみなして記録

病院で陽性と判明した利用者には保健所から処理番号が届くのでアプリに入力すると上記の濃厚接触者に通知が届きPCR検査等を案内される仕組み

政府は氏名、電話番号、メールアドレス等個人情報を全く取得せず安心して使える無料アプリで

利用者が増えるほど効果が高まるので多くの人に利用して欲しいと呼びかけている

スマホ音痴の中高年の私でも必要性と安全性と経済性に納得して利用してます!コロナ対策に有効ですし自分自身も安心ですから是非お勧めします。

 

 

 

 

 

 

コロナの時代を生き抜こう5

      1. 「ブラック・ライブス・マター」は

    黒人の権利向上や人種差別撤廃を訴える国際的運動をさす言葉

  1.  1970年代アメリカの作家へーリーの小説「ルーツ」はアフリカ系アメリカ人一家の歴史を黒人奴隷問題を扱いながら描いた。池田大作(創価学会名誉会長)の「新・人間革命」という小説のなかでは、アメリカ・シカゴの座談会で肌の色の違いなどルーツにこだわっていた青年の質問に対して「私たちの究極のルーツとは地涌の菩薩である」と主人公が訴える場面がある。法華経には釈迦の滅後をたくされておびただしい数の地涌の菩薩が現れると説かれている。地涌の菩薩はその心に畏れるところなし(自分と他人の間に壁を造らない)あらゆる差異を超えて自分と他人共どもに幸福と世界平和の実現へ行動する。仏教から見れば誰もが使命をもつ同じ地涌の菩薩をルーツとする人間だ。だから一切の差別と一切の暴力を否定する。コロナはそんなスタンスを再度地球規模で
    示唆している

ミュージカル同好会からお知らせ

みなさんこんにちはフェリーチェホールで月曜日午後一時から三時に活動しているミュージカル同好会です。今まで歌とお芝居やおどりでサウンドオブミュージックや南太平洋を上演してきました!突然のコロナ感染流行でブレーキがかかり残念なことに会員も少なくなってしまいました。

しかし六月28日から活動を再開します!そこで、心機一転新しい仲間を求めています。一緒にミュージカルの楽しい登場人物になってみませんか興味ある方は

お気軽に体験入会してみて下さい。心よりお待ちしています!

活動日第1第3月曜日一時から三時

場所フェリーチェホール

会費実費

急募ピアニストを新規に探しています!条件は応相談

問い合わせはホールに

お願い致しますお待ちしております。

 

コロナの時代を生き抜こう4

新聞で読んだのだが、リクルートワークス研究所の調査では、25歳から64歳の就業者のうち日頃の生活や仕事で「交流がある人や仲間、集団」がないと答えた人は37パーセントだったそうだ。同調査では人とのつながりが多い人ほど幸福を感じている割合が多いという。

コロナの時代、巣ごもり生活をしているからこそ、何気なく接していた人たちとのつながりの大切さに気づかせてもらった部分もある。たとえ会えなくてもそんな人たちひとりひとりを大切に思い出しているこの頃だ。皆さんも、あえなくなっている人に電話やメール、手紙などいかがですか。

音楽室貸出再開しました。どうぞご利用ください!

ほどなく緊急事態宣言が解除されます。これからの私たちの使命は消えた町の賑わいを取り戻すことにあります。瀕死の文化の灯をまた赤々とともすことにあります。しかもコロナウイルスと共存しながら

難しい命題ですが、今までのようにみんなで協力し合って成し遂げてゆきましょう。

フェリーチェホールは本日5月25日をもって一部営業再開をいたしました。感染防止のために、ホールとご利用の皆様の間で綿密な連携が必要ですので、以下のことに留意して楽しくご利用ください。

〇 入出時には付属の消毒液で、手指を消毒してください。

〇 ご利用の皆様で室内の防音扉を開閉して、15分ごとに換気を行ってください。

〇 互いの間隔を十分にとって練習してください。

〇 複数で利用するときは、事前にお互いに連絡を取り合って、体調に異変のあるメンバーがいれば必ず休ませ、活動を縮小するか中止とする。ホールに連絡してください。キャンセル料金はいりません。

〇 しばらくの間5名以下の練習でご利用ください。

ご協力おねがいいたします。

 

コロナの時代を生き抜こう3

医療研究情報について東海大学医学部山本典生教授によれば

コロナウイルス(SARs-Cov-2)は人間の細胞膜にある「ACE2」というたんぱく質と結合してとりつくという。「ACE2」は肺の奥、心臓、腎臓の表面、舌の細胞にあり血圧を調整する役割を担う。

一方急ピッチで開発しているワクチンは、体の免疫系に働きかけ抗体を作らせるが、かえって抗体が症状を悪化させる可能性も指摘されている。

治療薬はゼロから作ると最低10年かかるので今ある薬を利用するのが現実的だという。

 

 

誰もが平和を叫び、生命の尊厳を口にするが、歴史を振り返れば尊いはずの生命が、国家の名において、イデオロギーによって、民族や宗教の違いによって、人間の憎悪や嫉妬、侮蔑の心によっていともたやすく踏みにじられてきた。

不安、恐怖、孤独、断絶、困窮が日々蓄積してゆく出口の見えないコロナの時代の激流の中で、私たち、誰もの生命は尊極無上の当体であるという原点を保ち、一人一人の尊い生命を「根本尊敬」する姿勢を決して見失ってはならない。決して崩してはならない。

写真提供 認導121さん

緊急事態宣言が解除された場合の対応について

19日の東京都の感染者は5人と発表され、街の様子も徐々に活発になってきた気がします。神奈川県の宣言が解除されるのも近日中となりそうです。

フェリーチェホールは緊急事態宣言が解除された場合、感染防止措置を講じたうえで、当面10人以下の練習に限って貸し出しを行うこととしました。

皆様との再会を楽しみにしております。

緊急事態宣言延長を受けての対応について

フェリーチェホールは現在5月6日までの間休業しておりますが、政府の緊急事態宣言期間延長措置を受けて休業期間を延長 いたします。具体的には追ってお知らせします。皆様には多大なるご迷惑をおかけしているところです。申し訳ございません。ほどなくお会いできることを心待ちにしております。

自粛生活も長期に及んで、心がカサカサになっていませんか。うっかりするとチョットしたことにも腹を立てたり、関係ないことには無関心になったりする私です。

感染の恐怖と共に、経済活動が停止して苦しい現状ですが、この苦難こそ、自らが乗り越えてその姿で多くの人に希望を与えたいものです。

写真提供認導121さん

 

コロナの時代を生き抜こう 2

買いだめはよくないですが、やはり感染拡大を防止するためにはスーパーに行く頻度は少ないほうが良いことは確かです。小池都知事は三日に一回を推奨。みんなで工夫しましょう。

さて、買い物と言えばエシカル(倫理的)消費というワード

商品を選ぶとき安全性、品質、価格に加え倫理性・社会性という視点を持ち人々の権利や、環境の保護、地域の活性化に貢献しようという消費行動の事

四国大学短期大学部教授の加渡いづみさんは商品を安く提供するためどこかの国で低賃金で重労働が強いられ、環境が破壊されているかもしれない。もし我々が生産者や労働者の暮らしと環境を守って作られた商品を積極的に選択すれば解決の一助となるはず、ひとりひとりの消費行動は地域や国を越え未来にまで影響を及ぼす。社会の課題を自分の事として考えよう。と提唱

コロナの影響で、経済が大きく揺れ動いている今こそ、私達消費者ができることは大きいと思います。新聞やニュースで情報収集して社会の役に立つ消費で貢献したいですね。

じゃあ・・とりあえず私はスーパーで買い物 一日目はさしみで二日目は煮つけ、三日目は肉料理の献立かな 産地のカボスも付け合わせようかな( ^ω^)・・・

写真提供 認導121

コロナの時代を生き抜こう 1

23日、日本のコロナ感染者は累計で一万二千人超となりました。長引く自粛生活のなか、気になる情報を見つけました。

家族が突然密着生活を余儀なくされることでストレスが増大している

原因⑴ 不安      経済的とか医療崩壊とか

原因⑵ 不満を持て余す 出かけられないとかすることがないとか

原因⑶ 孤独感・孤立感に陥る 特に一人暮らし世帯

原因⑷ 自尊心が保てなくなる 過去の経験や価値観が尊重されなくなる

非常事態に遭遇した時はこれらの心の歪みが繰り返し起きそれが放置され長期化することで病的症状にもつながってゆくとのこと。みなさん今こそコミュニケーション能力を磨きに磨く試練が到来しています。お互いの立場を思いあって励ましあって心の距離を密着させましょう。

参考文献 日本精神衛生学会元理事長高塚雄介氏寄稿 4月23日聖教新聞

撮影 認導121