コロナの時代を生き抜こう22

社会学者の見田宗介さんの話しが歴史的で面白いので紹介します

地球の人口は今から一万年前は500万人だったものが紀元前1000年には5000万人、紀元一年には二億人から三億人になり、以降爆発的に増殖したが、20世紀後半に突然増加率が減少に転じたことは人類史上初めてのこと
しかしこれは生物学でいうロジスティック曲線という明快な理論によるもの(環境に適合した昆虫が環境が許す限りどんどん増殖するが環境の限界に突入しても増殖し続ける昆虫は滅亡する、一方征服モードから共存モードに転換を遂げると永続する生存の軌道に乗れるという理論)
カールヤスパースは人間のじゅくの時代を大思想や大宗教が現れた紀元前800年から紀元ごろとしている。この頃は貨幣経済が発展し始め広域交流が盛んになり世界が一気に広くなって無限と認識され始めた時代であり、その時代を生き抜く思想が求められた。しかし20世紀後半になり世界は開発しつくされ狭く有限となっている。この時代は第二のじゅくの時代で生き抜くための新しい思想が求められている。
世界価値観調査によると特に先進国の若い世代の間で非常に幸福と考える人が増えている。
具体的幸福の内容は友人との会話、波に飛び込む感覚、恋人の指の感触、木々を渡る風の感触、夕食後の家族の会話等何気ない日常
世界の征服から共存への切り替えは特に禁欲てきなものでなく、他者や世界との交流の中に『敏感に幸福を感じとること』がキーワードとなる。

今年のご愛顧に感謝します

フェリーチェホールは本年も皆様の音楽活動のご発展を願い、より利用しやすい音楽室運営を心がけました。ご利用の際には快適に有意義に過ごしていただけたでしょうか?
今年の締めくくりに一年を懸命に生きた皆様にこの言葉を贈ります。
-自由への道とは-
[心が恐れをいだかず、頭が毅然と高く保たれているところ] [言葉が真理の深みから湧きいずるところ] [たゆみない努力が完成に向かって両腕をさしのべるところ] -詩聖タゴールの一節より-
来年も素晴らしい年にしてください☺️

年末年始は休まず営業

クリスマス・正月休みも練習に明け暮れたいあなたにフェリーチェホールは営業します。お待ちしております予約の上ご利用ください。

コロナの時代を生き抜こう21

今年も押し迫りました。コロナまん延中、ご健勝で年の瀬をお迎えください。
「少子化は有事ともいうべき危機的な状態」
との認識を日本は持たざるをえないらしい
私たちはたとえ身近に子供がいなくとも、次代を担いゆく子供を国民全体で育ててゆく覚悟をする時がきた
少々の経済的負担も辞してはいけないところまで次世代は先細つているのだそれは私たち大人の未来もないことを意味している
以下政府の有識者会議報告を掲載

🙆全ての子供政策の基盤となる『こども基本法』制定の検討
🙆積極的財源投入
こどもの権利保証や貧困、虐待解消の支援
🙆子供政策は最重要課題
🙆縦割り弊害防止のために『こども庁』創設
🙆少子化は有事との認識で対応すべき

秋の誰でも参加の試演会日程の再変更

お伝えしておりました秋の誰でも参加できる試演会の日程は都合により、11月23日から11月26日(金)に変更となりました。お間違えの無いようにお願いいたします。
なお、冬の誰でも参加の試演会は令和4年1月23日(日)を予定しております。皆様のご利用をお待ちしています。

秋のフリー試演会日程の変更について

お詫びと変更
すでに掲載しております秋のフリー試演会の実施日を誠に勝手ながら
令和3年11月23日(勤労感謝の日で祭日)に変更いたします
開始時間などには変更はありません
すでにご予定を立てておられた方には深くお詫び申し上げます。
大変ご迷惑をおかけします。再度調整をお願いできれば幸いです。

フリー試演会を開催しますご利用ください

まだまだ暑いけど芸術の秋ですね
日頃の練習の成果を発表する機会も多いと思います。大切な演奏の前に支援しておきたい方は誰でも自由参加の支援会を企画しました。お気軽にご利用くだされば幸いです。

フリー試演会のお誘い
11 月 21 日日曜日 13 時開始
相模原市中央区矢部2-3-10フェリーチェホール
参加料金 試演時間20分につき1000円

留意事項 
●試演時間には、機材設営出入り時間も含めます
●独演、グループ演奏を問わず参加料金は同じとなります。
●伴奏者は各自で確保してください。ご紹介もします。
●原則無観客としますが、他の参加者の演奏の観覧は自由とします。また関係者の見学も自由とします。
●演奏順番等はフェリーチェホールが調整します。
お問い合わせ( ^ω^)・・・お申し込み
フェリーチェホール福島電話09025675591📧f.kuzekannon@docomo.ne.jp

第一回とーくアンドとーく開催してみました

コロナ感染防止のために人と会えず閉塞感がつのっていますが息抜きできてますか?
昨日の22日、四人という小人数がフェリーチェホールに集い、じっくりおしゃべりしてみました。内容は半生の自伝とか生きるために心がけていることとか様々でしたが誰もが違う環境だったり違う信念もっていて、違っているからこそお話が面白く有意義で、かえって安心しました。みんなで声を合わせてサンタルチアと帰れソレントを歌いました。これも楽しかった❢
そこで第二回もやってみようということになり冬に開催の予定となりました。おしゃべりと冬の歌をたっぷりと歌いましょう。誰でも自由に気軽に参加できます。ぜひご参加ください。詳細はまた発表します。

お得‼️9月のご利用はキャッシュバックがあります

9月中のご利用領収証を一万円集めて集めて相模原市役所に送ると2000円もらえます。
フェリーチェホールのご利用領収証だけでなくサンキューキャンペーンののぼりの立っているお店の領収証なら合算できます。
ただし、相模原市民にかぎる特典です。
市民の皆さん、どうぞこの機会逃さずご利用ください。
当ホールに申し込みチラシ備えてあります。
詳しい情報は相模原市特設ホームページ
さかみはらサンキューキャンペーンでも検索して下さい!