コロナの時代を生き抜こう8

長期のコロナ戦いいかがお過ごしでしょうか⁉️

情報もあふれよく分からなくなる日常です。ここでみんなで一回頭を整理しましょう❗

政府の分科会メンバーの岡部信彦川崎市健康安全研究所長によると

1)3月の頃に比べれば、感染者数が増えていると言っても、疫学情報や検査体制の拡充、診断方法の精度向上、集団感染の調査、診療の経験とノウハウが積み重ねられている

2)7月8月の増え方は高止まり一部では微減傾向

3)感染者は10代以下はわずかで、高齢者が重症化率高い、糖尿病腎臓病基礎疾患保有者は重症化

4)発症者のうち8割は軽症、8割は他人に感染させていない

5)換気の悪い密閉空間に密集したり密接して会話や大声を出すと感染拡大する

6)多くの人がインターネットで見解をのべることが可能だが、マスコミや一人一人は正しい情報の判断がより必要

7)PCR検査は今陰性ですということしか分からない

検査の意義は感染を疑われる人が陽性か陰性かを速やかに判断し医療機関が適切な処置を行うためなので状況判断しながら行う

感度が落ちるが今感染しているかを30分で診断できる抗原検査も目的別に使い分けて行く

8)最重要目的は、重症化したとしても必要な医療を届けることができる体制を守り続けること

9)専門家会議はどう感染を防ぐかを議論した

分科会は経済や社会学、リスクコミュニケーションの専門家も加入しバランスのとれた今後の社会のあり方を議論している

 

以上政府の現在の分析と姿勢です。

急に発熱したり、咳が続いたり、個人レベルではいろいろ不安は尽きませんよね❗

それでも私たちはこれを冷静に理解した上で協力しながら行動するべきですね😍

撮影認導121さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です