コロナの時代を生き抜こう13

大切な人や大切なものを容赦なく奪った東日本大震災から10年
東北は立ち向かっている
苦しいときは苦しいまま
楽しいときはたのしいまま祈り抜いて
お手本東北の大先輩に学ぶことはいっぱいだ
その一つは
ソーシャルキャピタル(社会関係資本)
人間の尊厳を保つための地域における人々の信頼関係や結びつきのこと
過去にとらわれず未来を恐れす今を生きていかなければ未来は開かれない
地域の人が支え会い弱点を補いあうなかで生まれた知恵は企業再生や地域再生の力となっている
復興促進は土地の地理的条件、政府機関の支援、損害の大小といったことよりもソーシャルキャピタルの水準が高いかどうかで決まるという
コロナで分断孤立している私たちだが、まわりの一人をいっそう大切にしてゆこう❗
フェリーチェをみなさんの交流の場所としてもっともっと開いてゆく事でホールの役割を果たしてゆこう❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です