コロナの時代を生き抜こう15

21年度予算成立
106兆6097億円と過去最大
税収減少に伴い新規国債発行高40兆円越
特色
○コロナウイルス感染対策機動的対応に予備費五兆円計上
○官民の事務デジタル化
○50年までの温室効果実質ゼロ
○保健所体制整備、医療機器生産能力向上
今後の議題
●安全保障上重要な土地利用を規制する重要土地等調査法案
●後期高齢者医療費用窓口負担を引き上げる医療費制度関連法案
与野党対決型となる見込み

なお秋までには衆議院選挙も行われる

私は昨今のデジタル化についてゆけないうちの典型的一人です👋😍💋
官民のデジタル事務化は社会の流れとして仕方のないものとして受け入れるが、せめて電話相談窓口だけは量と質を揃えて充実して欲しい❕
それがあれば高齢者もがんはれます‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です