コロナの時代を生き抜こう21

今年も押し迫りました。コロナまん延中、ご健勝で年の瀬をお迎えください。
「少子化は有事ともいうべき危機的な状態」
との認識を日本は持たざるをえないらしい
私たちはたとえ身近に子供がいなくとも、次代を担いゆく子供を国民全体で育ててゆく覚悟をする時がきた
少々の経済的負担も辞してはいけないところまで次世代は先細つているのだそれは私たち大人の未来もないことを意味している
以下政府の有識者会議報告を掲載

🙆全ての子供政策の基盤となる『こども基本法』制定の検討
🙆積極的財源投入
こどもの権利保証や貧困、虐待解消の支援
🙆子供政策は最重要課題
🙆縦割り弊害防止のために『こども庁』創設
🙆少子化は有事との認識で対応すべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です